国保に未加入だった故の悲劇

Y子さんに、ある時思いもかけない悲劇が襲いかかる。
それは忙しい中、やっととった夏休み、バターコーヒー 作り方を学びながらビーチでバカンスとしゃれこんでいた、ある日のこと。

「ビーチでオイルを塗って日光浴をしていたの、仰向けになってサングラスして。そしたら何が起こったと思う?そばの砂地に立ててあった誰かのサーフボードがが倒れてきて、私の鼻に激突。その場は『いったぁーい』で済ませちゃったんだけど、後になって腫れてきて病院に行ったら、何と鼻の骨が折れてたのよ。もう大ショック。痛いし、国保にも入っていないから半端じゃなく治療費はかかっちゃうし、おまけのそのあとバブル崩壊よ。今じゃ地道に仕事して、実直に生活して、K-STOP ボディケアソープの口コミもちゃんと調べるようにしてもちろん国保にも入ってるわよ」